ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

ありそ鮨しについて Our
commitment

百有余年歴史が織り成す
本格江戸前鮨し

「株式会社 荒磯」は江戸末期に創業し、
百有余年に渡り、
三国(福井県)の地で旅館業を営んできた
「雄島館」という旅館が原点になっています。

この「雄島館」(のちに荒磯亭)は、季節の味でお客様を
おもてなしする
料理旅館として全国に名を馳せました。
ありそ鮨しにもその歴史は引き継がれ、
お客様を笑顔にする極上の鮨しを提供しています。

店名の“ありそ”というのは、
千利休が大切な茶道具を包み込んだ
名物裂の中の「ありそどんす」が由来。
長い旅館業の中で大切にしてきた、
お客様へのおもてなしの心を受け継ぎ、
職人が握る一貫一貫にその想いを込めています。

百有余年のこだわりの味を
是非ご堪能ください。

会社概要 Company Profile

商号
株式会社 荒磯
設立
昭和46年
資本金
1000万円
代表取締役
道場 宏
従業員
57名(令和元年6月現在)
所在地
(本拠地)
〒913-0057
福井県坂井市三国町米ヶ脇4-4-34

(東京事業所)
〒143-0016
東京都大田区大森北6-27-11 サフィールタナカ201号室
取引銀行
北陸銀行・商工中金・日本政策金融公庫・北國銀行
事業内容
旅館・飲食(和食・寿司)

お問い合わせはこちら

※ご予約は承っておりません。

沿革 History

  • 江戸末期
    創業
  • 昭和46年
    旅館 雄島館 設立
  • 昭和60年
    シーサイドホテル雄島と改める
  • 平成11年
    三国温泉 荒磯亭としてリニューアル
  • 平成14年
    ありそ亭 青山を東京都港区青山にオープン
    (契約満了のため現在閉店)
  • 平成22年
    ありそ鮨し
    羽田空港第3ターミナル(国際線)
    江戸小路店(回転)を
    羽田空港第3ターミナルビルにオープン
  • 平成24年
    ありそ 銀座を中央区銀座6丁目にオープン
    (現在閉店)
  • 平成30年
    ありそ鮨し
    羽田空港第3ターミナル(国際線)
    おこのみ横丁店(カウンター)を
    羽田空港第3ターミナルビルにオープン

ページトップへ戻る